スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールインFX社長ついに逮捕

ついに、オールインFX劇も終盤を迎えましたね。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/582447.html

私も彼これオールインについてブログで書いてから、しばらくずっと動きを注視していましたが、なかなか進展せず、忘れた頃にやっと、去年の7月に民事訴訟判決、今年の9月3日に幹部が逮捕、で今月の25日に森社長の逮捕となったわけですね。

それにしても337億とはいやはや。
このブログも力不足でしたね。2008年の4月にこの記事
http://happiese.blog123.fc2.com/blog-entry-207.html
で取り上げ、翌年9月の記事で、「札幌の投資関連会社捜索 無登録FXで100億円集金か」という内容でしたから、
そこから、さらに200億以上をだまし取ったということでしょうか。残念です。

そう言えばこの頃、北海道新聞の人からコンタクトがあって、オールインの資料を渡してあげて、
コピーしたら返してくれと言ったのだけど、一向に返してこなかったな。これだからマスコミの人間は
信用できないのだが。
スポンサーサイト

さわかみファンド解約

ついにその時が来た。
数ヶ月前売り時を逃してしまったので、ずっと待ち続けた。

他の株や投信もリーマンショックからずっと塩漬けにあって、アベノミクスのおかげで、何とかプラスになって少しずつ処分してきたが、残っていたのがコレ、あとはドル建てMMF。こちもこの調子の円安であともう少し。
損切ができない人間なので、基本的に自分は投資には向いていない。
正直上がるか下がるかは全くわからない。MIXIも去年の12月に9倍ぐらい値上がりし、その後半値に落ち、12月の最高値に行くことはないだろうと思っていたが、そこから6倍も上がっている。これは全く予想できなかった。

で、投信だが、こっちも二度と買わない。売るタイミングを決められない。今回も17日の夜に解約して、これは翌日注文扱いになるので、約定日は19日、つまり二日後の基準価額で算定される。さらに実際のお金の受け渡しはさらに日数がかかる。約定までの間に上がればいいが、下がれば思った金額にはならない。ここが一番嫌なところで、ETFであれば、株式同様指値で売ることができる。

さわかみファンドも、他のアクティヴファンドと言われるものも、所詮インデックスから逃れられない。バフェットでさえ、市場平均よりプラスであれば、そのファンドはうまくいっていると言っているぐらいだから、確かに市場の影響を受けないのは難しい。だが、投資する側からしたら、インデックスよりプラスだなどといっても損していたら、そんなものは何の言い訳にもならない。

さわかみファンドも、澤上さんが本の中でいろいろ綺麗事を述べているが、あれだけの銘柄を揃えたらどうしてもインデックスファンドと変わらなくなる。というか、日経平均よりもずっと下回る成績であった。最後は少し持ち直したが。まあ、TOPIXよりは良かったのかな。リーマンショックの時、下がっている最中に買い支えるとか、これはいくらなんでもシロウトでしょうということで、その時点でもうこのファンドはダメだと思った。バカ息子にファンドマネージャーをさせたのもそう。日本経済を支えるなど言っている時点で、精神は立派だが、ボランティア、つまり損をしにいっているようなもの。
途中分配金はなく、再投資していてこの成績だと、結局普通にインデックスに投資していた方がいい。

投信は、さわかみだと購入手数料は取られないが、他のインデックス以外のファンドでは購入手数料を3%取られ、つまりマイナスからのスタートとなり、そして毎年得しようが損しようが毎年信託報酬が引かれる。

ということもあって、買うのはインデックスに連動するETFにしている。絶対利益を目指すヘッジファンドもいいが最低投資額が300万以上だし、リスクも大きいのでどうにも手を出せない。

オールインFX特需

札幌の投資関連会社捜索 無登録FXで100億円集金か

ついに待ちに待った祭りが始まったかと思ったものの、さほどの盛り上がりもない。他にいろいろニュースがあるせいかもしれない。

しかしこのニュースのおかげで、このブログのアクセス数は昨日初めて1000を超えた。上位30位はオールインFXで占められるありさま。しかし、「オールインFX」のgoogle検索は、一位から4位に後退。
allin.png

まあ、多くの方の損失にお悔やみ申し上げます。
400弱の拍手を貰っていたので、このブログも被害を軽減させたことに役立っていればよいのですが。

空家大国ニッポン

ワールドビジネスサテライトより。サブプライム問題の発祥地アメリカが3%なのに対し、日本は12%、700万戸が空家。今に始まったことではないが、立地選びは慎重にやらないと。

今後の行方

今日は一気に値を戻しましたね。空売り規制の効果でしょうか。
とはいっても、もともと下げすぎているので、依然低い水準ですが。

今日のモーニング・サテライトで、コメンテータに日経平均の底値についてアンケートをとったところ、多くが5000円としていました。まあ、アナリストの予測は当たらないし、万人の悲嘆となったら底かもしれないので、今こそ勇気を持って買いを入れて行く時期かもしれないなんて思ったりもする。とはいえ、実体経済にかなり影響が出ていることを考えると、やはり上向きになるのはまだまだ先かもしれない。鶏と卵どっちが先か、株価が上がるのが先か、実体経済が上がるのが先か。

多くのアナリストが言うのは、実体経済への影響が出ているものの、それでも日本株は売られすぎとのこと。今日のモーサテで、日本円で見ると日本株はかなり下がっているように見えるが、欧米人から見れば円高を含めれば、日本株は他の国の株に比べるとパフォーマンスは悪くないとのことだ。

100年に一度の大恐慌を経験していると思えば、今すごい時期を体験しているのだなと思う。経済というのは昔は興味なかったが、今は非常に面白い学問だと思う。モーニングサテライトも毎日欠かさず見るようになったし(まあ、好みの女子アナが出ているというのもあるのだが)、経済記事も読むようになった。損失は痛いが、株をやっていなかったら、ここまで経済動向には興味を持たなかったと思う。とはいえ、まだまだフィナンシャル・リテラシーなるものは皆無だし得したものは今のところないので、興味がなかった方が、幸せだったかもしれないとは心の片隅で思う。

ブログもあまり書かなくなっていたが、気を取り直し、勉強がてら最近読んだ本のレビューでもしていこうと思う。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。