スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税源委譲の大嘘

今日、市役所から住民税の通知書を受け取って、目を疑った。
何と倍増しているではないか。

全く解せない。
今年の所得税の確定申告ではいつもと同じ計算で行ったはず。
所得税の減税はなかった。

税源委譲があって、住宅ローン減税が所得税を超えた場合、住民税にも適用できると聞いていたので、だいぶ前に市役所に電話をかけたのだが、それは来年からとのことだった。
なので、税源委譲は来年からなのだろうと思ってしまっていた。

全く不可解だったので調べてみた。今年の確定申告書の手引きには

所得税は平成19年分から減り(平成20年2月~3月に行われる確定申告および平成19年1月以降の源泉徴収、
住民税は平成19年度分から増える(平成19年6月以降に納付)
この税源委譲によって所得税と住民税を合わせた税負担が変わることは基本的にはありません。

とある。
「基本的には」というのがポイントだ。私だけ例外、そんなことはないだろう。
とんでもない大嘘だ。

だいたい、住民税は去年の所得に掛かるものだ。つまり今年の2、3月の確定申告にて払う、もしくは昨年の源泉徴収で取られるべきものだ(サラリーマンの場合翌年源泉徴収されるが)。

だとしたら、この6月に請求が来る住民税と今年2,3月の所得税は同期が取れていないとおかしい。同じ所得から計算しているのだから。
にもかかわらず、今年頭の所得税はそれまでどおりの税率で金を奪っておいて、今月の住民税は増加した税率で金を奪う。全くこれは詐欺以外の何者でもない。

住民税が増えている代わりに、所得税の源泉徴収が減っているだろう、などというのは、全く煙に巻く、だまし言葉に過ぎない。

来年からは、今年分の所得税と今年分の住民税(来年6月以降納付)が同期が取れるが、今年の住民税の増税分は全くもって、搾取でしかない。


これはきっとあちこちで祭りになっているに違いないと思って、ネットを調べてみるが、腹を立てている人はほとんどいない。何と平和な国なんだろうか。
腹を立てても、詐欺師役人の言葉に簡単にだまされるようだ。
源泉徴収されているサラリーマンはともかく、自営の人間は何で黙っているんだ。
こんな法律があっさり通過してしまうとは、私も含めて気づかなかったのがあれだが、この国は何と支配者にとって都合がいい国なんだろうか。
美しい国とはこういうことなのか。

スポンサーサイト
プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。