スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CybouzからOutlookへのスケジュール同期マクロ

サイボウズの予定をOutlookへ追加するマクロを作成した。
もともとサイボウズから出していた「サイボウズ AG スケジュール連携 for Outlook」を使用していたのだが、Outlook2003、サイボウズ6では対応しなくなり、無理やり使っていると固まることがしばしばあった。そのプラグインも今はダウンロードできない。

なので自分で作ることにした。
やっていることは単純に、サイボウズにログインして今月と来月の月間スケジュールを見て、Outlookになければ、Outlookに登録する。名前と開始時間、終了時間を見て、違っていれば登録するので、時間を変更した場合、別のものと見なされ、Outlookに二重に登録される。また終了時間を設定していないのも登録はされない。削除したものも同期はしない。要は一方通行で、変更・削除をした場合は、Outlook上で手動で削除する。サイボウズに比べてOutlookの予定の方が、削除は楽にできるからさほど不便ではないだろう。

ちなみにOutlookからサイボウズはできない。サイボウズのWebでの登録の仕組みを探ればいいが、面倒なので指定ない。

ダウンロードはこちらから。

インストールは、Outlookを立ちあげ、マクロ - Visual Basic Editorで、ファイル - ファイルのインポートで、ダウンロードしたファイルを選択する。

自分の環境に合わせて、マクロの以下の箇所を修正すること。
Host = "yourhost.co.jp"
Uid = "12345"
Password = "yourpassword"

Uidは、サイボウズの自分のページを表示させて、HTMLのソースを見れば、自分に会社からどんなUidが割り当てられているかわかる。

実行は、マクロ - マクロ - SyncCybouzuで実行する。

スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

Seasar Conference 2009 White

土曜日、Seasar Conferenceに参加してきた。

キラーとなるセッションは見当たらないものの、どれも聞いておきたいものばかり。
まずは、どれに参加するか迷ったが、「CubbyとMavenを使った開発のまとめのスレ」。
Cubbyについては前回のConferenceでも聞いていたが、Mavenについて聞きたくて参加。

Mavenについては、以前プロジェクトで使おうとしたものの、結局使いこなすことができず挫折だった。
Antと違い、依存性の自動解決してくれるところが特徴だが、小規模プロジェクトで開発環境を整えるのには不要かなと思っていた。一度マスターとなるプロジェクト環境を整えて、subversionにライブラリやeclipseのクラスパス設定を含めて上げてしまえば、それをメンバーがダウンロードすればそれで済んでしまう。CPANやyumのように、様々な環境の差異を吸収してくれるのがありがたいが、小規模だと環境は統一しやすいのでその必要はない。

が、Mavenの入門書を読んでまた使ってみたくなったのでちょうどこのセッションよかった。結構はまると聞いていたので実例は役立つ。
- eclipseのWTPの設定ファイルがうまく更新されない場合、mvn eclipse:clean eclipse:eclipseで起動
- m2eclipseは0.9.8で安定してきた。が、まだmvn eclipse:eclipseコマンドでやった方が無難。
- リリースビルドでログやJDBC、env.txtの設定を切り替えるには、profileによる切り替えをするのがよく、-Pオプションを使う
など。

次は、Load-time weavingで広がるAOPの可能性。
普通、AOPは、コンテナで管理されているクラスでないと適用できないが、これを使うと、ロードされるあらゆるクラス、privateもfinalもstaticもコンストラクタも可能という優れもの。
バグ調査にも使えるし、トレースの結果出力されたjvnファイルをArrowVisionというアプリに食わせると、シーケンス図が表示され、内部構造がわかるようになるなど、なかなか使えそう。

早く終わったので、もう一つ聞きたかった。和田さんのテストのセッションへ。
xUnit Test Patternsと達人プログラマーの本は読んでみたい。

自動テストについては、個人的には抱えていた問題について、セッションのあとで和田さんに聞きに行った。自動テストは、デグレード、レグレッションを検出するのに役立ち、実際過去にはこれによって致命的なバグを検出できたことが何度もあった。ところが、しばしば本来のこの検出をするよりも、テスト期待結果のメンテナンスに時間をとられてしまうことが多かった。DBにカラムを追加すると、テスト用の初期データも修正するが、これは一セット、あるいは数えるくらいなのでいいのだが、テスト期待結果のデータについては、テスト数だけ修正が必要になる。その結果、出力されたテスト結果を何のチェックもなしに正として、テスト期待結果にしてしまったりもする。
この問題は、和田さん他も抱えているとのことで、テスト期待結果自体のリファクタリングなど、テストの自動化を追求する上では、大きな課題になってくると思う。

あとはDBFluteのLightening Talk。DBFluteについて、ほとんど何も知らなかったが、使い方がよくわかった。eclipseのショートカットもいろいろ参考になった。

続いてSlim3。Seasar2と何が違うのか。端的に言えばよりその名のとおりシンプルになっているところ。diconファイルの記述に比べ、書く量がさらに減っているように思える。S2JDBCの流れるようなインターフェースもなく、最低限の共通的なinsertやupdate,deleteはあるが、SQLを気持ちよく使ってとのこと。この部分は1世代前に戻っている気がしてならないが、個人的にはSQLは書き慣れているので、さほど生産性は変わらないと思う。

あとはライトニングトーク。
S2Configは使えそう。

定額給付金

銀行振り込みってほとんど意味ないね。
そのまま口座に振り込まれて、他のものと混ざって使わず仕舞い。
窓口で現金で手渡されれば、その日のうちにパーっと使ってしまう
だろうけど。

サーバー大学合格

定員割れの超難関の中、一発合格しました(w。
くまさんの紹介もあって、格安で入学できました。この間の証明写真はこれのためでして。
http://www.cyber-u.ac.jp

この不況の中、あれこれ焦るよりは身固めだということで、勉学に専念しようかと。主目的はともかくとして。
プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。