スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELLで最高の[購入]パフォーマンスを挙げるには

DELLの購入サイトを見ると、
・個人のお客様
・法人従業員500名以下
・公共機関のお客様
・法人従業員500名以上

とわかれている。
それぞれのターゲット向けに、商品や商品構成が異なるが、同じスペックと思えるのに、なぜか価格が違ったり、どうも後者に行けば行くほど割高に感じられる。昔からの謎だったので、同じスペックのPCの構成で比較してみた。ちなみに法人でも個人のラインナップから買うことは可能。

構成はこんな感じ
CPU: Core(TM) 2Quad Q8300(4MB L2 2.50GHz,1333MHzFSB)
OS: Windows Vista(R) Home Premium SP1
メモリ: 4GB (2GBx2) DDR2-SDRAM
ハードディスク:500GB SATA HDD (7200回転)
グラフィック:ATI Radeon(TM) HD 4350 512MB
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
一年保守

保守のメニューが多少違う感じだが同じレベルにし、ほかは同じ構成で揃えたところ、

個人のお客様: 69,980円(内割引22,050円)
法人500名以下: 76,930円(内割引31,220円)
公共機関: 108,150円
法人500名以上: 108,150円

となった。公共機関と法人500名以上は、同額になった。法人500名以下は、割引がなければ同額になる。
ちなみに、個人は中の構成は同じだが、ブランドが違う。VistroとStudioDesktopの違い。この違いは、マザーボードが違うのかどうかはわからない。Dellではマザーボードの情報は表示されないし、選択もできない。

もしそこに差がなければ、個人で買うのが一番安く済むということになる。
そして、まったく同じものが、公共機関や法人500名以上だと、割引がつかないということ。

金を取れるところからしっかりと金を取る、という素晴らしい!コンセプトになっているようだ。

スポンサーサイト

FXの「オール・イン」を提訴

FXの「オール・イン」を提訴

じわりじわりと進行していますね。
ダウンロードしておこうかと思いましたが、
Firefoxのプラグインではだめ。
プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。