スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seasar Conference 2006 Spring

今日、Seasar Conference 2006 Springに参加した。

DATABASE KNOWLEDGE EXCHANGE 2006も同時開催で、2セッションが同時並行で行われた。後者の方は、ORマッピングを絡めた話題が多く、これは自分の関心のあるテーマだったので参加すべきだと思った。両方とも出たいものが多く、特に最後のセッションは両方とも外し難かったが、Tuigwaaに出席した。

最初に出たセッションは、「PostgreSQLによる、ORマッピングvsSQL+ストアド性能と生産性の比較研究」。「おなじみのDAO屋とSQL屋の議論を実例を交えて」という宣伝に興味を引かれたが、最初はPostgreの紹介ばかりでなかなかORマッピングの話に行かない。あまりPostgreを知らなかったのでこれはこれで参考になった。発表者の方は、開発で、DB関連で問題が起きたときに呼ばれることが多いそうで、そのときの経験からDAO、ORマッピングについての問題点について指摘した。
パフォーマンスやロックやメモリ不足などの問題など。また、ビジネスロジックはインプットとRDB内で実行で、Java側にロジック部がいるのは、人や装置など外部への対応や負荷軽減のためだという指摘は、私も同意見だ。SQLに慣れている人間にとっては、SQLはシンプルに見えるし、そこでできることをわざわざJavaのビジネスロジックで行うのは馬鹿げているように見えるのだ。ORマッパーが話題を独占する中、この辺の問題の認知は一般的に低いように思える。
他の人とも話して同意見の人が多かったのは少し安心した。

次は、「今さら人には聞けないDI入門」。DIの考え方について、寿司のたとえを交えながらわかりやすく説明してくれた。通常フレームワークが用意したクラスを継承してロジックを書くことが多いが、そうではなく継承の代わりにPOJOを使う意味など。現在のS2ではさらにフィールドインジェクションを使ってさらにシンプルに書けるそうだ。私は、どうせロジックの再利用なんてしないんだから、DIなんて大げさなこと言わないで、ロジック用の共通の親クラスを作って、リフレクションとオブジェクトのプーリングを使って子クラスを切り替えるので十分じゃないかと思っていたが、少し勘違いしていたようだ。

次は「DBを256倍活用する方法」でS2DAOの説明。PHP5にも対応したようでサンプルはPHPのものだったが、考え方はJava版も、.NET版も同じ。オブジェクト派にもSQL派にもどちらにも使える人気製品。

ただ、思うのだが、プログラマと名乗るなら、SQLぐらい簡単にマスターしろよって思う。若干アルゴリズムの思考とは違うものの、パズル的な要素があって十分プログラミング的だと思う。もしSQLがわからないとすると、そのプログラマは基本的なアルゴリズムすら組めないんじゃないかと疑ってしまう。

早く終わりそうっ立ったので途中からSOAの方に参加した。S2Axis, S2JMS, S2Buriを組み合わせてSOAを簡単に構築する。S2Buriについてもう少し詳しく知りたいと思う。

次は「Tuigwaa劇場へようこそ」。今回のConferenceの一番の目玉だったようで、羽生さんの「Activity Based Datamodel」とどっちを見るか悩んだが、「楽々ERDレッスン」の本を読めばいいとのことだったので、Tuigwaaの方に参加した。羽生さんの方はテーマも面白そうだったし、話すのがうまい感じがしたので、ぜひとも聞きたかったが残念。

Tuigwaaは、プログラミングの知識を持たないエンドユーザが、手軽にDBを使用したWebアプリケーションを作成できる、というもの。今回のConferenceのアンケート画面を作るデモを実演してもらい、出来が非常によかったので驚いた。自動生成アプリについては最近興味があるところだったので、結構感心した。
おそらくこのレベルのアプリケーションで食べているPHPプログラマなんか少なくはないと思うので、これがまともに広まったら職を失うんじゃないかと少し心配した。まあ、自動生成なのでできることは限定されるので、どうしてもカバーできない部分で開発は必要になる。これをコアにして周辺を、プログラマが必要な部分だけカスタマイズしてプログラムを追加するようになるのではないかと思う。あとでスピーカーの方と話をしたが、将来的にそうできるようにするそうだが、一方で自動でできる範囲をどんどん広げていくそうだ。そうなるとRailsよりもインパクトがあるんじゃないかと思う。

この後は、懇親会で、ひがさん他いろいろ話ができた。ひがさんは来週のサンフランシスコでのJavaOneでSeasarについて発表するそうだ。
なかなか充実したConferenceだった。次回は11月に行うそうで楽しみにしたい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。