スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速機関、CROSSFIRE

今日のMCEAでの勉強会では、高速機関とCROSSFIREについて話が聞けた。

高速機関とは高速屋が出しているDBのことで、何でも無茶苦茶レスポンスが速いとのこと。
某掲示板では本当に速いのかなどと話題になっていたようだが、私は、今日初めて知った。Cachタについてはいろいろ話を聞いたりして、Oracleなどと比較して非常に高速だということは知っていて、今後CachタがOracleをリプレースするような形になっていくのだろうかと思っていたが、高速屋の話を聞くと、性能の点ではそれもかすんで見えてしまう。

従来のDBとは違い、「キャッシュの使用効率を上げるために、主メモリとのアクセス回数を如何に減らすか、というところにポイント」を置いている。その点が画期的なようだ。残念ながら、私はDBMSが一般的にどのように実装されているかわからないので、なんともいえないのだが、おそらく既存のDBMSではそういう点には配慮していないようだ。

DB比較研究会で、Postgre, MySQL, SQLServer, Oracleの性能を比較しているが、ここに殴り込みをかけると面白いだろうなんて話になった。あの人たちは相当性能にこだわりがあるので、どういう反応をするのか興味がある。

今後、要注目だ。

CROSSFIREは、飯塚友裕氏が開発した、O/RマッピングをサポートするEclipseプラグインだ。実際には、ORマッピングというよりは、ROマッピングといった方がいいだろう。HibernateなどのORマッピングを使って開発したときの問題点を踏まえて、それらのORマッピングツールとは逆に、データベース定義とSQLからJavaクラスを生成するというもの。いわばSQL駆動のアプリケーション開発だ。
全部の特徴を知ったわけではないが、DbUtilなどのROマッピングツールと比べると、リレーションをマッピングできるところと、PreparedStatementでのバインド変数を容易に設定できるところ、条件句を自動的に調整できるところがよい。

これからさらなる機能拡張があるようだが、Eclipseで開発する上でコーディングをアシストしようとしているところは結構評価できる。

EntityBean, それからHibernate, iBatis, Torque, S2DAOなどのORマッピングツールが乱立する中、どういうポジションを取るのか今後楽しみだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

どうも、DB研お疲れ様です。

やはり、DB比較研究会の戦いに、いろんなDBのベンダーを煽って参加してもらうと面白そうですね。今後ともよろしくお願いします。

ええ、こちらこそよろしくお願いします。

講演ご苦労様でした。
プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。