スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アート・オブ・プロジェクトマネジメント

オレンジニュースからのリンク。
「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文【まとめ】

非常に参考になる。本を読む時間がないのでこうやって要点をまとめてくれるとありがたい。
時間があれば原書もじっくり読みたい。

最初に目に留まったのは、見積もりのところ。

「見積もり作業に時間をかけるよりも、着手した方が良い見積もりが得られる」
「1回だけ見積もりでスケジューリングするのは危険」

多くのプロジェクトで見積もりはざっくりやって、着手したあとに再見積もりをすることなく、最初に設定した期限を死守しようとして力技で何とかしようとする。期限は客に公表しているので今さら変更できないからだ。
しかし見積もりの精度を上げるには着手してみる、あるいは少なくとも着手してみようとすることが大切なのだと思う。経験豊富な先達方は、着手しないとわからないというと、レベルが低い、経験が浅い、見積もりが甘い、などの評価を下す。しかし、現実はそうはいかない。未知の分野だと、どうしても精度がぶれる。
やるべきタスクをすべて挙げられない限り、正確な見積もりなどできない。ところがすべてのタスクが挙がるのは詳細設計の段階であり、最初の要件定義の段階では無理なのだ。可能なのは、類似プロジェクトを行った場合だが、もし類似プロジェクトをやっているなら、一度経験している分、同一メンバーが行った場合、過去の作業時間よりも短くて済む。なので、実績はそのまま適用はできない。

できれば見積もりの前に少しでも着手してみてより正確な見積もりを出すか、仮にざっくり出したあとでも、着手後に精度の高い見積もりを出すのはスケジュール管理上重要だろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。