スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英単語の覚え方

最近、昔覚えた英検1級Pass単熟語の復習をしている。昔は定期的に復習をしていたのでキープできていたが、あるときからぱったりやめてしまった。復習に時間がかかるからだ。そうやって放置していたらかなり忘れてしまった。単語を見て、昔覚えたということ自体は覚えているが、意味が出てこない、あるいは見当はずれになる。例文とともに覚えたつもりだったが、どうやら戦略が間違っていたようだ。
時間をかけながら少しずつ取り戻しているのだが、ここで一つ、私の語彙および語彙の増やし方についての考えを述べてみたいと思う。

英語の学習において、ボキャブラリの問題は最初から最後まで付きまとう。
TOEICでは、そこまでの語彙力は求められないが、実際いろんな本やニューズウィークなどの雑誌をストレスなく読むためには、2万語必要とされる。簡単な本であれば、そこまでは必要ない。ものによるのだが大概は1万語ぐらいの語彙があれば、硬いものを読むのではない限り苦労はしない。
そもそもその2万語という数字はどうやって算出したのかはよくわからないが。
この間自分の日本語の語彙数をあるサイトで調べたら4万語ぐらいだった。たぶん英語もそのぐらいの語彙に達すればネイティブ同等になるのだろう。

しかし、実際2万語を一つ一つ覚えるのは容易ではない。1万語、いや1000語の無意味な単語を覚えるのもそう簡単ではない。
この語彙数にはトリックがあると思う。定義は統一されていないが、派生語や複合語も含んでいるから、そういうものを除いた純粋な語彙数というのは半分から3分の1ぐらいになるのではないかと思う。
一つの単語を覚えれば、その名詞形、形容詞形、副詞形、動詞形と派生語を覚えるのは難しくはない。まあ、この4つすべてあるとは限らないが大概、いくつかは派生語がある。複合語も、全く新しい単語を覚えるのに比べたら、覚えるのはそれほど難しくない。
なので実質的な語彙、というものがどれだけになるのか。見出し語がそれに近いといえるが、見出し語も派生語とも思えるものが別々になっていたりもする。

で、単語の覚え方だが、

・棒暗記
・フレーズで覚える
・文の中で覚える
・グループで覚える
・イメージを使う
・ごろ合わせをする
・語根を使う

などがある。語呂合わせはこの中では邪道とよく言われる。私は高校生のとき、「英単語連想記憶術」という本で、数日で一気にボキャブラリを増やしたことがある。なかなか、この本は気が利いていて、非常にうまく作られている。自分でも作ってみたが、ここまではうまく出来なかった。
その後、このレベルの語は特に語呂あわせを使わなくても即解できるようになったので不要になったが、今でも思い出せばいくつも印象に残っている。「貧打(hinder)が勝利を妨げる」「王ファン(orphan)の孤児」などイラストとともに載っているのは、強く印象に残る。

注意しなければならないのが、本来覚えるべき意味ではなく、語呂の方を意味と勘違いしてしまうこと。これは下手すると大恥をかく(汗)。肝心の意味よりも語呂の方、例えば今の例だと貧打を意味だと勘違いしてしまうことがありうる。

ただ取っ掛かりとしては悪くはない。無機質な英語を覚えるにはこういう手がかりが必要になる。なので別に発音が一致している必要もない。

人間の記憶には手がかりが必要だ。何度も使い慣れている言葉は、脳のキャッシュ領域にある。だから手がかりなしに即取り出せる。日本語は常に使っているので多くはキャッシュされている。しかし日本語でもほとんど使わない言葉は、どんどん遠ざかっていく。たぶんLRU(Least Recently Used)アルゴリズムのイメージに近いのではないかと思う。使っている単語はキャッシュの先頭に来て、使わない単語はどんどん後ろに回る。

キャッシュから消えた言葉は、何らかのトリガー、手がかりを使って思い出す必要がある。
方法としては、
1.その単語がどこで使われたかを思い出す
2.その単語自体を解析する

まずは手がかり、連想の第一は、それがどこで出てきたかだ。
文中で覚えるのが有効なのは、1を使うからだ。「この単語、あの本のあそこで出てきた」「映画のあの場面で使われていた」「あの先生の授業の中で出てきた言葉だ」「単語集のあの辺のページにあった」などというふうに文脈を思い出せれば、意味を思い出しやすい。その出来事が強烈な印象であればあるほど、その単語は忘れにくい。

フレーズで覚えるというのもこの点から来ている。本来、単語2個並べたところで、初学者にとっては、その二つは何の因果関係も感じられない。しかし、セットにすることで、思い出すとき、もう片方も思い出す。なぜなら、その単語が使われていた場所に、もう片方の単語もあったからだ。
そして相方の単語の意味がわかると、それとセットになる意味ということで、思い出しやすくなる。例えば、barkという単語は、dogとセットで覚える。そうすると、「ほえる」という意味であることは思い出しやすい。

結構場所というのは重要だ。わたしはこれで失敗したことがある。アルファベット順に並んだ英単語集を使うと、前後の単語と意味を混同してしまうのだ。一つ一つきちんと覚えていけばいいのだが、場所で覚えてしまうと、ここにあった単語はこの意味だというふうに覚えてしまう。英単語と意味が結びついているのではなく、日本語訳を順番に連想して覚えているだけなのだ。そうすると、頭から順々にテストしていくときは、意味がすらすら出てくるが、ランダムにするとわからなくなってしまう。あの辺にあった単語ということで、前後にあった意味も同時に思い浮かび、どれだったっけということになってしまう。スペルも似ているのでますます混同してしまう。

だからアルファベット順の単語集を使うのは勧められない。それよりも同じ意味のグループをセットで覚えた方がいい。これなら、同じ場所で覚えるので、連想は効率的に働く。

ただし、アルファベット順のものも必要だ。というのは、語彙を増やしていくと、どんどんスペルが似た言葉が出てくる。そんなときには、明確に単語を区別する必要がある。一字違いだが、こっちはこの意味で、こっちはこの意味になる、という感じで。

またイメージで覚えるのも有効な手段だ。英単語の音とそれが使われる場面、意味する内容のイメージを同時に思い浮かべること。そうやって印象付ける。文中で出てきた単語が覚えやすいのはこの点がある。だが、Duoみたいな無機質な文だと、いくら文の中とはいえ、覚えやすいとはいえないだろう。

あと英単語の音を意味に結びつけること。最初は擬声語、擬態語だけだが、語感が身についてくると、音の響きがそのまま意味を表しているように感じられる。私も昔は、こういうのはこじつけにしか思えなかったが、慣れてくるとそんな感じがしてくる。


次に、その単語がどこで使われたかを思い出せない場合、その単語自体を分解する。接頭語、語幹、接尾語などに分解できると、意味を推測しやすくなる。ただし、全く初めて見る単語を語根から推測するというのは困難だ。
よく語根を解説した本では、さもこの意味と、この意味が結びついて、こういう意味になるという感じで、論理的必然性があるかのように書いているが、これはその著者が最初から答えを知っているからそう書けるのである。そういう解説は単なるこじ付けに過ぎない。私は真に受けたせいで、なぜ自分は当てられないのかと悩んだものだ。

とはいえ、こじつけであっても、意味を推測する手がかりにはなる。全く何もない状態から、かなり絞り込める。なので有効な手段だ。

語呂あわせを使うのも、2のパターンに属するといってもいい。その単語の音から全く無関係な日本語に置き換えて、語呂合わせの文句を思い出す。イメージを使っているとそれはより強固になるし、どこで覚えたかということも思い出しやすくなり、覚えた場所も手がかりになる。
できれば、日本語の連想を使うよりも、英語自体の連想を使った方がいいだろう。英語は英語で覚えるのだ。そのためには語根を極めていくしかないと思う。

単語集としては、これらの要素がすべて網羅されたのがいいだろう。
派生語、同義語、反義語、関連語も書かれているのも重要だ。それによって混乱を防ぎ、記憶を強化できる。これらを満たしている単語集はなかなかない。


記憶したものは、印象が強くない限り、時間がたてば忘却する。したがって記憶を強固にするためには、繰り返しが必要だ。印象が弱いものほど早いうちの復習が必要になる。タイミングはちょうど忘れかけるころがよい。そしてだんだん復習の間隔は伸ばしていける。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。