フィジー旅行記(12) 第9日目 離島ティヴュア島

最終日、晴れると分かっていた日は最後のチャンスとして離島に行くことにした。
行ったのは、送迎サービスの会社に一番のおすすめとされたTivua Island。地図に載っていないから、どこにあるのかと思ったら、ナンディというかラウトカ寄りの本島のそばにある。写真を見る限り白浜である。

元々1日は離島に行こうと思っていたが、そもそも6日も雨になるとは思ってもいなかったので、十分にシャングリラホテルを利用した気がしないのに、離島に行くのは中途半端でもったいない気がして迷ったが、結局行くことにした。
事前にハリケーンの影響を確認したところ、昨日のうちに奇麗に清掃して、今日はツアーが行われるとのこと。
ツアー会社に申し込んで、ホテルでピックアップをしてもらった。デナラウの港まで1時間で行けるはずだが、余裕をもって2時間前にピックアップするとのこと。

ところが、約束した時間に車は来ず、30分遅れてやってきた。それでも間に合うだろうと思ったが、なんと途中で大渋滞。ナンディのかなり手前で止まっている。歩いたほうが速いと思うぐらいにしか進まない。今回の旅はなんとツイていないことかと落胆した。せっかく晴れたのにこれか。このペースでは2時間ぐらい遅れ、さすがにそこまで待ってくれないだろうと思った。
が、思ったよりも早く抜けた。抜けた時には他の乗客から拍手が沸き起こった。渋滞したポイントは、道路がデコボコになっているところ。これで渋滞を引き起こしているのなら、さっさと修復しろと思う。もともと一本しか道がないところに、車が増えてきているので当然渋滞になる。

港

とはいってもすでに船の出発時間を過ぎている。15分遅れでデナラウ港に着くと、他の乗客はそれぞれ別の行先に向かった。つまりティヴュア島に行くのは自分たちだけ。どこに行けばいいのかわからないまま、進んでいくとチケットを見せろと言われて、無事船に乗り込むことができた。

港

すぐに船は出発。

港

船にはたくさんの客が乗っている。アメリカから来た人も多い。中国人もそれなりにいる。日本人はたぶん他にいない。
船の中では、飲み物やお菓子が提供され、スタッフが話をしたり歌を歌ったりして飽きないようにしている。

1時間ほどで、やがてTivua島が見えてくる。あとで、こんなに近い場所で1時間以上もかかっていたのでは、他の離島にはどうやって行けるのか聞いたら、この船は超スローだからだとのこと。そこまで遅くは見えないが、もっと速く行けるのがあるのだろう。ツアーとしてはこの船でも時間が十分だから使っている模様。

Tivua

ところは桟橋はハリケーンで壊れ、使えないため、ミニボートに乗り換えて順次送られていく。これは結構時間がかかる。

Tivua

海はエメラルドグリーン。砂はまだまだ茶色が入るが十分白い。

Tivua

完全にリゾート気分満開。着いたら、それぞれが自由行動。無料でスノーケリング、カヌーができ、飲み物は自由に飲める。
一周10分で回れる小さな無人島。

Tivua

Tivua

Tivua

海水は透明だがシュノーケリングをしてみると、浅瀬では砂が混じって透明には見えない。少し沖まで行くと透明度を増す。やはりシュノーケリングは砂浜ではなく、サンゴのビーチで行った方がよさそう。魚も浅瀬にはあまりいなくて、少し離れたところで大群に遭遇した。

Tivua

ランチビュッフェがあったが、種類は少なく、味もいまいち。毎度運んできているのだからこれは致し方ない。

Tivua

疲れたらハンモックで休める。
再び、船に乗り込んで港に戻る。

港

帰りのバスはさほど渋滞はしなかったが、酒に酔った若者が騒いで結構厄介だった。

◆最終日(10日目)
最終日は日本に帰るのみの活動。
朝早く起き、朝食のビュッフェが始まる前に出発。今回は、車は時間通りに迎えに来た。ルームチャージでホテル内で購入したものについては前日に精算しておいたおかげで、チェックアウトはほとんど時間がかからず、借りていたがほとんど使わなかった電源変換プラグを返却して終わり。

車の中で、フィジーの人の困窮ぶりについて聞かされた。物価は高いのに給料は低いので生活が厳しいと。それでも皆楽天的に幸せに暮らしている。それを思うと外国人はリゾートに来て遊んで贅沢しているように思えたが、フィジーは観光業が大きな産業なので、私たちのような外国人が旅行に来ないと仕事がなくなってしまうとのこと。自分たちの贅沢がフィジーの人の生活を支えているという何とも言えない構造。この運転手は自分の車を持つことが夢だそう。会社ではなく自分で車を持てるのはそれなりに稼いでいる人でないと駄目のようだ。

再度ナンディの手前で渋滞した。ただし昨日よりは先まで進んでいるし、時間も余裕があったので心配はしなかった。
空港のVodafoneでバスカードの精算をしてお金を払い戻してもらおうとしたら、ナンディの街ならできると言われ拒否された。
機内泊だった行きと違い、帰りは日中に移動するので楽だった。機内泊できちんと寝れる人はその方が時間を有効活用できると思うが、自分の場合は横になって寝たい。日本に着いたときは夜9時半、そこからスカイライナー・電車・タクシーと乗り継いで帰る。一日が移動で終わった。単に座っていただけなのに結構疲れる。

総括としては、天気が重要、行く時期はよくよく検討すべし。

以上、旅行記終わり。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ