スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nslookupは腐っている

WindowsUpdateをしたら、IEがつながらない。無線LANはつながっているはずだが。確認のため一回切ってまたつなぐ。それでもだめ。updateの最中だからかと思ったがそうでもない。他のマシンにはつながる。さてはルータの設定かと思い、IEでルータに接続しようとするがつながらない。

LinuxのマシンからルータにPingを打つときちんと帰ってくる。nslookupを実行したところ、

*** Can't find server name for address xxx.xxx.xxx.xxx: Non-existent host/domain
*** Default servers are not available

と怒られる。前は実行できたはずだがと思った。これもapt-dateであれこれアップデートしたせいか。そういえばこの問題対処したことあるなと思った。
会社でネットワーク構成を変えたときに起きた問題で、DNSの逆引き参照ゾーンにDNS自体のPTRレコードがない場合に起きる問題で、その辺の設定をActiveDirectoryに設定して、そのDNSで解決できない場合フォワーダで別のDNSに転送する設定をするよう設定して解決した覚えがある。

とはいえ、この場合ブロードバンドルータのDNSには、そんな設定はなく、単にリゾルバしかないと思う。ちょっとGoogleで検索してみたら、

nslookup は腐っている。 dig を使いなさい。

との内容を発見。digを使うと問題ない。
別にnslookupが使えなくても、きちんと外につながるからいいか。

Windowsマシンに戻って、そこからLinux上においてあるtomcatにつなげてみることにした。IEだとだめなので、telnetでアクセスするが、Hostが不正だといって、はじかれてしまう。あとでわかったが、Host: xxxx:8080としなければいけなかったのだ。

さて、IEがつながらない件は単純に2chの禁断の壷が悪さをしていた。これスタートアップに入っていて(削除すればいいのに...)、いつも起動後わざわざ手動で落としていたのだが、Windows UpdateによってIEへのインターフェースが変わったのかもしれないが、落としても正しくプロキシの設定を変えられなくなってしまったようだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。