スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタムタグとORマッピングツール

あまり好きじゃないもの

1 strutsタグ(広義にはカスタムタグも)
2 ORマッピングツール

この二つに共通しているもの、それは中途半端だということ。
なぜかというと、1は所詮HTMLに変換され、2はSQL文に変換される。完全にラップされているならいい。ところがそうじゃない。

HTMLは一番下、ベースだ。ブラウザ上ではHTMLを使って表現する。HTMLの枠から出ることはできない。ということはHTMLを押さえておけば、ブラウザ上のUIでできることはすべて押さえていることになる。

VBであれば、Visual Studioでのコンポーネントのぽとぺたがベースだ。もしVBの画面で気に入らなくてもその中でやるしかない。それが嫌ならもっと低レベルの言語でGUIを組み立てるしかない。通常のUIとしてはたいていはOKである。

中途半端なものは、結局その下を意識しなくてはならなくなる。JavaがOSを意識させないといっても微妙な問題になると、どうしてもOSレベルを知らなくてはならなくなる。とはいえ通常のレベルでは問題ない。

ところが先にあげた1,2は、ほんの少しでも変わったことをしようとすると、すぐさま対応できなくなる。これくらいのことはできるだろうと思っていろいろやってみると、ついにはそれができないことが発覚する。そこで費やされた時間は無駄だ。しかもできない部分は、それらを使わないようにすると、全体的に統一感がなくなってしまう。

そんなことならゴリゴリとHTMLやSQLを組み、自分で必要があれば共通化できる部品を作る。自分で作ったのだから一番よく知っている。チームで作った人間がいればその人に聞けばいい。

よく精通して、使用限界を知っている人がチームにいない限り、中途半端なものは使わない方がいい、と思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Sun Studio Creatorは以前少し触った程度ですが、Visual Studio同様ぽとぺたツールですよね。

ちょっと変わったことをすると対応できなくなるとは具体的にどういうことなんでしょう。





う~ん、私はわりと認めた上で使い方を考えるたちです。



ただ思うのは、ソフト屋さんって、というかソフトウェア業界ってまだ成熟してないんじゃないかなと思います。

IC (ICってのも久しぶりの単語だけど /w)が気に入らないから、トランジスタとコンデンサと抵抗を自分で組み合わせて作るほうがいい機械作れるよなんて言うハード屋さんはいないわけで。



もちろん同じ土俵で見ることはできないけど、ただあの思考は参考にするべきものがたくさんあるんじゃないかなと思ってます。

要は成熟度の問題です。新しい技術というのは、既存の何らかの問題を解決しようとして出てきている訳で、その視点は悪くないと思いますし、発展途上で採用して、痛い目にあってフィードバックする人間がいるからこそ、さらに成熟するとは言えます。とはいえ、プロジェクトをうまく導くためには、宣伝に踊らされず、熟知した上で使う必要があると思います。



Studio Creatorについてはかなり前に触ったので、どの辺で問題が出たのか、すみませんちょっと忘れてしまいました(書いていて無責任ですが)。今は改善されているのかもしれませんが。

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。