スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2EE勉強会 第17回

今回も先月に続いてJ2EE勉強会に参加した。
なかなかマニアックな人が多く、知らない用語、いろんな新技術・流行が出てくるので、刺激になるものの、今回もちょっと縮こまってしまい、発言は慎んだ。少し慣れが必要か。

今回のテーマは、
・Apache Geronimo
・Shale (Struts 2.0)
・Yahoo Design Pattern Libraryの紹介
だった。

Geronimoについては、Geronimoそのものに深く入っていかなかったものの、太一さんのソースコードの読み方については非常に参考になった。遠近法という命名がなかなかいい。あと、全体を把握し、実装の境界を知るというのも勉強になった。

私はソースコードを読むとき、骨子となる部分、あるいは自分が知りたい部分についての、呼び出し階層を明確にするために、その部分を抽出して、エディタに貼り付けて、その構造を頭に入れるようなやり方をしていた。

やはりソースコードというのはいい。ソースを見て初めて底辺に触れたという感じがする。UMLで骨子をつかんだとしても実感がわかない。まあ、そもそもなぜかオープンソースのプロジェクトにはほとんどUMLの資料が見つからないことが多いのだが。これだけUMLが騒がれているのに。

Shaleについては、前回と引き続きだったが、Clay(Tag Component)とDialog(Web Flow)という2大特徴の解説。

一番広まっているフレームワークの次世代版なので注目していきたいところ。私は正直、タグライブラリ不要派なので、またWeb Flowなんて必要なのという感じなので、ちょっと懐疑的に見ている。
単にXML地獄に突き進んでいる感じ。RailsやSeasarなどの設定ファイルを不要にする方向性と正反対だ。設定ファイルが必要なのかどうかというのは今度議論してみたい。

Web Design Patternについて。
これまた興味深かった。これが広く認知されるようになると、客の側から、この画面ではこのパターンを使って、という要求が出てくるようになるのだろう。

cf.
Designing Interfaces
Yahoo Design Pattern Library

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

dayan

Author:dayan
小職は、SE(システムエンジニア)を専門としておりますが、技術的な情報を中心に、それ以外に経済関連の日記、たわいもない日記も載せていきます。
[公式HPもよろしく!]

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。